新築工事 川越下赤坂T様邸

2024年5月26日 新築工事⑦ NEW

石膏ボードを貼り終え、木工事が完了しました!室内は玄関シューズクローク部分をアクセントとしてOSB合板で仕上げました。秘密基地のような雰囲気を醸し出していて面白いですよね!2枚目の写真は大工さん手作りの洗面化粧台です!集成材を利用し、手作りならではの『木の温もり』『オリジナリティー』が感じられますね!ランドリールームには室内干しができるよう、物干しを取付しました。前方には日当たりを考慮した大開口の腰窓を採用。窓下にはアイロン掛けや洗濯物を畳めるようなスペースとしてカウンターを設置する予定です。ランドリー⇔バルコニーの行き来もできるので、家事効率upの工夫がされています!

2024年5月26日 新築工事⑥ NEW

外装工事へ入りました。透湿防水シートを貼り、外壁の下地材である胴縁を打っていく工程となります。ガルバリウム風の縦張りサイディングをメインとして施工していきます!軒天はニチハの木目の化粧が施されている『軒天12』シリーズのティンバーブラウンをチョイスしました。モダンをベースとして、アクセントに木目を掛け合わせたオシャレな外観になりそうです。

2024年5月4日 新築工事⑤ 

ガルバリウム屋根の施工が完了しました。ガルバリウムならではのシンプルかつシャープなデザインが艶消しブラックと相まってカッコよく仕上がりました。バルコニーに面するサッシは大開口折れサッシを取付しました。大開口サッシはプライバシーが気になるという点がありますが、バルコニーの高さを1900で設計することで、視線を遮る工夫をしました。バルコニーが広いので、BBQやちょっとしたガーデニングとして活用するのも良さそうです。4枚目の写真は吹付断熱工事です。外周部に断熱材を吹いていき、はみ出した部分は最終的にカットして調整するため、隙間なく断熱施工できるのが特徴です。

2024年4月19日 新築工事④ 

筋交いや金物がきちんと入っているか確認します。そして、オレンジ色の部分は、白アリが来ないように防蟻処理をした物です。最近は無着色で透明もあります。そして、バルコニーはFRP防水処理をします。FRPとは、ポリエステル樹脂にガラス繊維などを混ぜた素材で、水に強い為バルコニーにはほぼこれが使われています。屋根はルーフィング処理をします。ルーフィングとは防水シートの事です。TAJIMAと書かれていると思いますが、田島ルーフィングという会社の物を使っています。日本全国でシェア率が17%もあります。

2024年4月7日 新築工事③ 

土台敷と言って、コンクリート立ち上がり部分に土台となる木を設置します。この木の上に柱が建ちます。そして、4/3、無事に上棟する事が出来ました。上棟日、それ以降も少し雨が降ったりやんだりでしたが、ブルーシートを敷いて濡れないようにしたり、モップで水を掃き出したりしたおかげで、木も乾いて問題なく進められました。

2024年4月7日 新築工事② 

基礎屋さんに木の枠組みを組んでもらいます。これが実際の家の位置、高さを決める物になるので、とても重要です。そして鉄筋組みをします。これは人間で言うと骨に当たり、鉄筋を入れる事で耐久性が上がるので大事です。これが組み終わると、型枠にコンクリートを流し込みます。今回は床暖房は入れないので、普通の基礎になります。

2024年4月7日 新築工事① 

川越市下赤坂T様邸の新築工事が始まりました。これからどうぞよろしくお願い致します。今回の建築地は、お客様が選ばれたとても広いお土地で、開放的な視界が広がる地域です。どの土地においても必ずやるのが地盤調査です。これをやらないと住宅瑕疵保険に入れません。地鎮祭も行い、これから最初から最後まで、安心安全に工事が進められる事を祈ります。
google-site-verification=dnLWR5hXNhHYi4JBCOuzK95fNql5i7xEIoNC35_C1ig